読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きたい、ちょっとでも得に。

日常生活でお得と感じたこと、ブログ運営日記、子育て日記、公園情報など

スポンサーリンク

5歳の息子がなわとび53回をたった3時間で跳べるようになった話

子育て雑記

特訓だ!

幼稚園でなわとびをしている。

4回しか跳べないと言う息子。仲良しのお友達は37回、得意なお友達は60回、スポーツクラブに通う子は230回!跳べるらしい(年中組)

 

これは由々しき事態だ!うちの子ならもっと跳べる!

 

かくして、パパと長男(5才になったばかり)のなわとび特訓が始まるのであった。

 

f:id:yfktfamille:20170301171111j:plain

 

まずはナワを調達だ!

もう縄跳びなんていつぶりだろうか。自分が小学生のとき以来だよ。

縄跳びのナワと言えば、プラのグリップにビニール製のナワがついた色気のないやつのイメージしかない。

とりあえず、子供のグッズを安く買うならってことで、近くのしまむらに行ってみる。

 

いやいや、ナワも進化してるんだね。デザイン的にオシャレなものもあれば、グリップとナワの接続部分にボールベアリングを入れて回転を良くしたものもある。

とりあえず、1番安い(400円くらい)をチョイス。

それが上の写真のナワだ。ボールベアリング入りで回転がスムーズらしい(ソッコーで錆びたけど)

 

息子の跳び方をチェックする。

とりあえず、ナワを適正な長さで調節して跳ばせてみる。この時点で、せいぜい4回程度しか跳べていない。

 

ふむふむ、、、どうやら跳ぶこと自体よりもナワの回し方に問題があるようだ。

 

跳んでいるうちに回転がズレるというか、ナワの回転が乱れるのである。ナワを持っている腕も本来なら腰のあたりで回すのが理想であるが、手が伸びて胸の高さになったりしている。

そのせいで、ナワが地面に当たらないくらいの高さを通過することになり、足に引っ掛かっているようだった。

 

これがもう少し大きい子なら、上腕と体の間に物を挟み、それが落ちないようにナワを回しなさいとアドバイスするところだが、5歳の息子にそれを求めるのは無理な話。とりあえず、直したほうが良いところを伝えつつ、クセが強制されるまで跳ばせることにした。

 

飽きた…

しばらく続けると息子が言うのである、「もう飽きた」と。

うちの息子は比較的集中力のあるほうではあるが、それでも子供の集中力など知れている。それに跳び続けるのはなかなかに体力が必要だから、それも仕方のない話である。

 

そこで、遊具のある公園などで遊ばせつつ、気が向いたときに縄跳びの練習をすることにした。

先ほど、体力が必要だと言ったが、うちの息子は長男も次男も体力お化けなので、遊ぶための体力は無尽蔵と思って差し支えない。

 

30分ほど遊んだところで、再び「縄跳びしよ」と言い出した。

以下、これの繰り返し。。。

 

どうやってやる気を持たせるか

子供をやる気にさせる方法は至ってシンプルだと思う。

 

ひとつは、頑張ったらおもちゃとかお菓子が買えるという契約を結ぶこと。

ひとつは、上手く言ったら褒めてあげること。

 

この2点をフルに使おうじゃないか。

まず、50回を超えたら仮面ライダーエグゼイトのガシャット(食玩の安いやつ)を買ってあげると約束する。

つぎに、跳んだ回数に応じて以下の称号を与えることにした。

 

1~5回:全然かっこよくない

5~9回:かっこよくない

10~19回:ちょっとかっこいい

20~29回:かっこいい

30回以上:すごいかっこいい

 

これを跳んだ回数をカウントしながら、引っ掛かったときに「○回!ちょっとかっこいい」とコールするのである。

この単純さが子供のかわいいところ。息子は「すごい」とか「かっこいい」と褒められるのが好きなんだよね。

 

 

結局、トータルで練習した時間は3時間くらいだろうか。息子はメキメキと上達していき、最終的に53回を達成したのである。

まさか、短時間でここまで伸びるとは思っていなかったが、ライバルの仲良しなお友達より多く跳べたことのが嬉しかったようだ。しかも、小さい子にありがちな、ゆっくりとしたテンポではなく、ピョンピョンとテンポよく跳んで53回だから中々のものである。

 

やっぱり小さいうちは、どれだけ親が練習に付き合えるかも大事なんだなぁと感じた次第でした。

検索順位・PV数激減!自動ペナルティとはなにか。

ブログで稼ぐ方法 ブログ運営日記

f:id:yfktfamille:20170313145933j:image

このスクリーンショットを見てほしい。

これは、 私がこのブログとは別に運営しているフィッシングのブログの検索 順位なのだが、ある日を境にGoogleの検索順位が一気に低下している。

(ついでに、なぜか低下後の折れ線が切れている)

 

いったい何が起きたのか。

 

せっかく1日のPV数が1000を超えて、 ゆるやかながら順調に伸びている矢先に喰らったGoogle神からの一撃。


f:id:yfktfamille:20170313150034j:image

ご覧の通り、 検索順位低下に歩調を合わせてPV数も半減している。

ブログをやっているなら誰にでも起こりうるかもしれない悲劇。せっかくなので色々と記録していこうと思う。

 

どうやら「自動ペナルティ」っぽい

Google神からの一撃をGoogleで調べてみる(笑)

ふむふむ、ペナルティには2種類あって、「手動ペナルティ」と「 自動ペナルティ」があるようだ。

 

「手動ペナルティ」とは、担当者が目で見て確認し、 ペナルティに該当する事項があった場合に、 検索順位の低下やインデックス削除(検索に全く引っ掛からない)といった制裁が課されることを言うらしい。

この場合、 ペナルティを課された旨と原因がサーチコンソールに届くため、それを取り除けば回復するようだ。

 

「自動ペナルティ」とは、インターネット上を泳いでいるGoogle謹製ロボットが検索アルゴリズムに基づき「このサイトはよろしくない」と判断された場合に、検索順位の低下といった制裁が課されることを言うらしい。

この場合、ペナルティが課されたことも原因も通知がないため、 明確な対策ができないのである。

 

私の場合、はっきりとした通知がないため、どうやら「自動ペナルティ」に該当するようだ。

なぜいきなりペナルティとなったのか。原因が分からないが、ペナルティを喰らう前に行なったことがある。

 

日本ブログ村への登録

国内で最大のブログランキングサイトであろう「日本ブログ村」。

アクセス数の増加にあまり効果がないことは知っていたのだが、 現在の状況ならPVランキングに簡単に上位に食い込めそうなことから、なんとなく登録してみることにした。一応、 効果は薄いながらもアクセス増加にはつながるしね。

 

ところが登録した矢先にペナルティ!

調べてみても登録がペナルティにつながったという記述はなかったが、タイミング的になにかしらの影響があったのかもしれない。

ただ、サーチコンソール上でサイトへのリンクとして日本ブログ村が出てきていないことから、恐らく影響はないと思っている。

 

でも、影響がないという確証もないので、とりあえず登録を削除することにした。

 

モバイルのアドセンス1画面に2つ表示

いろいろとアドセンスの配置を見直していた時期で、 読者から読みやすいこととアドセンスの効果が出るような配置の最大譲歩点を模索した結果、モバイル画面において、アドセンス広告が1画面に2つ表示されるようになった。

このモバイル画面における1画面2つ表示は、 規約違反であるとも違反でないとも明言されていないグレーゾーンとなっている。

もし、2つ配置をして規約違反となるのなら、 通知が来てから修正すれば良いと思っていたが、 もしかしたらそれが過度の広告と判断されて検索順位の低下につながったのかもしれない。

 

確証はないが、とりあえず位置を修正しておくことにした。

 

そもそもコンテンツがアウトなのかも

私の運営しているフィッシングブログは、釣行記というよりも釣具のレビューが中心となっている。経験的に、そのほうがアクセスも集めやすいし、マネタイズ化にも適しているからだ。

 

そうなると、必然的に解説のためにホームページから仕様を転記したり、アマゾンや楽天市場へのアフィリエイトリンクが多くなる。

一応、まるまるコピーではなく、独自の解釈などを含めているのだが、「独自性の薄いサイト」というふうに判断されたのかもしれない。

また、アフィリエイトリンクが多くなるとSEO上は不利ということもあるらしいし。

 

私がブログをやっている目的は「マネタイズ」なので、 アフィリエイトリンクを外すことは本末転倒となってしまう。 とりあえず、転記をなくしたり、 画像の拝借を意識的に減らしていくことしよう。

 

また、「まとめ記事」が人気となる傾向があるので、 そういった記事をいくつか書いていたが、この「まとめ記事」 は検索アルゴリズムの変更によって上位から姿を消しているらしい 。

そういえば「NAVERまとめ」って、あんまり見なくなったような気がする。

というわけで、意識的に「まとめ」というワードを使わないようにしよう。

たった今、使いまくったところだけど。

 

これはチャンスなのか?

そろそろ月間PVが3万に届くかもしれない。

月間収益が2万円に届くかもしれない。

 

今後の展望を考えながら、ニヤニヤしていたときに訪れたGoog le神からの一撃。

 

はっきり言って、スゲー落ち込みました。 今もまだモチベーションが完全復活したわけではないけど。

 

でも、昨年5月に個人ブログとして収益を得ることを志し、Googleでやり方とか対策を調べまくって、一生懸命構築してきた。

そんな愛ブログをここで投げ出して良いのか。

すでに仕組みはある程度整っているのだから、 これから質の高いブログに仕上げていけば良い。そのためにもっと書けば良い。

 

というわけで、これにめげずに頑張ります。

 

これは「 お前のブログはもっと成長できる。そのための試練を与える。」というGoogle神からのメッセージだったのだと、そう思ってね。

 

また進捗がありましたら、このブログで紹介します。

マジでヒゲがすごく濃い俺が勧めるヒゲ剃り方法とグッズ

便利アイテム

誰だって「これだけは誰にも負けない」と思えることが欲しい。

人間、誰しもが自己顕示欲だったり、承認欲求だったり持っているものだ。

幸い、俺には「誰にも負けない」と思えることがひとつある。

それは…


ヒゲの濃さだ!


括目せよ!これがヒゲ剃り後24時間が経過した俺の姿だっ!!


正面から(山籠もり後ではありません)
f:id:yfktfamille:20170307172656j:image

サイドから(もみあげなのかヒゲなのか分かりません)
f:id:yfktfamille:20170307172712j:image

アンダーから(もはや首毛)
f:id:yfktfamille:20170307172726j:image

 

この記事を見た皆さんに分かってほしい。不特定多数が閲覧するブログという情報媒体において、自らのコンプレックスを晒すツラさ、そして勇気を。

 

ついでに言うと、体毛もそれなりに濃い。

うちの両親、父は体毛が薄くてヒゲが濃い、母は体毛が濃くヒゲはまぁ女性なので薄い。
その遺伝子を組み合わせた結果、ヒゲが濃くて体毛も濃い息子が完成した。

 

イッツゲノムマジック!

そこを掛け合わせるなよ、神よ!

 

というわけで、思春期からヒゲと向き合ってきた。

どれだけ剃っても元気に生えてくる針金みたいな毛たち。自分の体の一部なのに、なぜこれほどまでに主の意に反するのか。

 

上記写真からは想像もできないだろうが、似ていると言われたことのある芸能人は「林遣都」とか「藤木直人」とか、一応イケメン俳優で通っている人たちだ。

生涯において、ヒゲがなければもうちょっと女の子にモテたのかなと思ったことは幾度となくある。

 

この記事では、そんな俺が勧めるヒゲ剃り方法とグッズを紹介したい。

この記事がより多くの人の目に留まり、生まれて初めて「ヒゲが濃くて良かった」と思えることを願って。

 

ヒゲを剃るタイミング

これは絶対入浴中に限る!入浴中は、ヒゲが蒸れて柔らかくなるからだ。

これだけヒゲが濃いと剃った後に肌にもダメージが残るから、あの針金みたいな毛がちょっとフニャンとなってくれる入浴中がベスト!

洗面台で温水を使っても良いのだが、モミアゲ近くや首筋まで剃る必要があるため、洗面スタイルではそのあたりのケアがしにくい。だったら、裸になってシャワーで全体をまんべんなくカバーできたほうが、結局は時短になる。

 

NGは冷水を使う事!全然深剃りできないし、肌へのダメージがかなりひどいことになる。

冷水&洗面台スタイルでOKって人はそもそもヒゲが濃くないはずだから、恵まれた体に生んでくれた両親に感謝して、今日も元気に出勤してください。

 

ヒゲの剃り方

これは絶対逆剃りに限る!下から上に向かって剃る手法だね。

俺クラスになると、順剃り(上から下)なんてしても、全体に残るジョリジョリ感。剃ったはずなのに、剃り残しだらけの顔面が完成する。

逆剃りして根本からスパッといこう。肌へのダメージも大きくなるが、ジョリジョリ感が残るよりよっぽど良い。ヒゲ剃り後、数時間しかもたないと分かっていても「ツルツルタイム」を楽しみたいんだよ、おれは。

 

また、必ずシェービングフォームを使おう。あるとないとで、剃れ具合や肌へのダメージがまったく違う。

もし、出張等でシェービングフォームがないって場合でも、ボディソープを使うなどして滑りを良くすること。それでもだいぶ違うから。

 

ヒゲ剃り後のケア

これは消毒&保湿に限る!えっ?消毒って思った方もいるだろう。

ヒゲ剃りは生えてきたヒゲたちにさよならをすることと引き換えに、肌をイジメ抜く作業でもある。時には出血することもあるし、出血がなくても赤みが出たり、細かな傷がいっぱいついているんだよね。そこからバイキンが入って炎症を起こすこともしばしば。

 

だから消毒が必要になるんです!

 

一般的には保湿的なことが言われているが、保湿は当たり前で、むしろ大事なのは消毒をすること。マジで炎症がグッと抑えられるよ。

 

おススメのヒゲ剃り

そうそう、前提として電動は有り得ないから。俺からすれば中途半端な剃れ具合の青髭製造機だよ、あんなものは。

 

やっぱり、T字カミソリでしっかり剃らないとね!

 

T字カミソリに限ると、代表的なところは「Schick(シック)」「Gillete(ジレット)」「貝印」といったところだろうか。

 

私のおススメはジレット!色々使ったけど、ジレットが剃り心地、刃の耐久力ともに1番優れている。

ジレット 髭剃り プログライド フレックスボール マニュアル 本体 +替刃1個付

ジレット 髭剃り プログライド フレックスボール マニュアル 本体 +替刃1個付

 

 

ジレット 髭剃り プログライド フレックスボール マニュアル 替刃4個入

ジレット 髭剃り プログライド フレックスボール マニュアル 替刃4個入

 

 

シックは、ハイドロシリーズのように肌のカミソリ負けに配慮した製品もあって好感が持てるのだが、肝心のハイドロパワーがすぐになくなってしまい、耐久力に欠ける。また、基本的な剃り心地もジレットに負けている。

貝印は、全体的に安くてコスパは良いのだが、刃が甘いのか、剃り心地が悪く、カミソリ負けがひどくなりやすい。

 

さらに加えて言うと、ジレットやシックは振動が加わるモノがあるが、あれは全く効果がないので要りません。むしろ、本体や替刃が高いなどのデメリットが目立つ。

 

おススメのシェービングフォーム

ジェル状で出てきて、伸ばすとクリームっぽくなるタイプが、肌への密着力や保護力に優れている。

薬用タイプもあるが、ヒゲ剃り後に消毒をするのでこだわらなくて大丈夫。

 

おススメのケアグッズ

先ほども述べたように、消毒と保湿をするとなれば、それぞれに特化したものを使うのが良い。「アフターシェーブ」と銘打っているものを使う必要は全くない。

 

消毒!といえば誰しもがお世話になったアイツしかない。

【第3類医薬品】マキロンs 75mL

【第3類医薬品】マキロンs 75mL

 

コットンやティッシュに少量染み込ませて、患部(ヒゲを剃ったところ)をポンポンしよう。

 

続いて保湿アイテム。これはなぜか割高なメンズ系にこだわらなくて良い。おススメはヒアルロン酸の化粧水+乳液の組合せ。

 

肌研  極潤ヒアルロン  乳液

肌研 極潤ヒアルロン 乳液

 

これを、少量手に取り、顔全体にまんべんなくトントンしよう。乳液を使った後は、少し顔を手で覆っておくと保湿効果がアップする。

 


以上、マジでヒゲがすごく濃い俺が勧めるヒゲ剃り方法とグッズでした。

個人的に消毒をするっていうのが、他にはないケア方法ですね。一度だまされたと思って実践してみてください。

 

Amazonアソシエイトで紹介料が1万円を超えて思うこと

ブログで稼ぐ方法 ブログ運営日記

昨日、昨年5月にブログ(このブログじゃなくて、メインにしているフィッシングのブログ)を開設して以来、はじめて1日のPV数が1000を超えた。巷での成功談にあるような、凄まじい伸び方などなく、徐々に伸びてきて開設当初は月間3000PVだったのが、先月は20000PVまで成長することができた。

実は、元々ナチュログでやっていたのを、本格的にマネタイズに取り組もうとはてなブログに移転し、独自ドメインを取得、アドセンスやアフィリエイトなどを導入した経緯がある。

 

先月は、諸々をまとめた収益が約15000円だった。

基礎のPV数が大きくないので、大した額ではないが、1PVあたりの収益とすれば0.75円となる(収益÷PV)。

クローズドASPなどを扱えるような上級者ならとにかく、アドセンス、アソシエイト、楽天アフィリエイト(もしもアフィリエイト経由)と、多くの人が取り入れているだろう基本的なアフィリエイトだけのPV単価としては、それなりに多いほうじゃないのかなと思っている。

そのメインとなっているのはアソシエイトなのだが、せっかくなのでこの機会に少し振り返ってみようと思う。

 

クリック数や売上、コンバーション率など

アソシエイトの2月の実績は以下の通りだった。

  • クリック数:1804クリック
  • 注文数:34個
  • コンバーション率:1.88%
  • 売上高:約260,000円
  • 紹介料:約10,000円

こうして見ると、コンバーション率は全然高くないんだよね。

メインとしている釣り具は紹介料率が4%あるので、恐らく激戦区であろう家電や本などと比べると多少有利な状況にあるから、売上の割に紹介料は高いと思う。

どんなブログかと言えば、釣り具のレビューがメインなのであるが、釣り具の中でも比較的紹介している人が少ないものを採り上げている。誰でも採り上げるようなモノは、自分よりよっぽど文章が上手に書けて、詳しい人がたくさん居るから、そういった意味ではメインに据えたモノが良かったのだろうと思う。

 

ただ1.88%というコンバーション率は、アソシエイトのなかでは普通~低いくらいだろうと思う。ここをどう上げていくかが課題と言えるが、どうやったらアップするのか検討がつかない。リンクを貼っている記事の質を向上させるしかないのかな。

 

クリック数はどうなのか

自分のデータで分からないのが、PV数に対してクリック数が多いのか少ないのか。

レビューがメインなので、すべてではないが、記事のうち8割はリンクが貼られている。ただし、あまり無駄にベタベタと貼るのではなく、文中の流れから最小限に留めている。

アドセンスも併用しているので、あまり貼りすぎると広告だらけになってしまうし、クリック数を増やすためには数も大事だが、導線も同じくらい大事だと思っているからだ。

興味のある製品について調べているときに、リンクがあって価格がすぐに確認できたほうが良いと思うので、その範囲で貼り付けるようにしている。感覚的な問題だが、自分で見ていて不快にならない程度、といった感じ。

 

これからの路線

まだまだ目標には及ばないが、ある程度は成果が出ているので、これからも基本路線を変えずに運営していく予定だ。

ただ、訪問者から直接的に金銭をいただくような取組みは、個人的にあまり賛同できないし、そもそもそれだけの能力がない。

物販は、訪問者に製品情報を提供して、訪問者はその製品を普通に購入し、紹介者はその購入元から報酬をもらうという図式だから、言うなれば「WinWin」の関係だと思う。

もし、訪問者に直接不利益をもたらすような構図となれば、そのときは潔く辞めようと思う。

進学資金を銀行で眠らせておくなら保険を使ったほうが良いという話

考え方

我が家には5才の長男と3才の次男がいる。とっても元気でありがたいことなのだけど、元気すぎて困っている。

まだ幼稚園と保育園に通うちびっ子だけど、確実に大学まで行かせるつもりである。このご時世、大学を卒業しなければ、なかなか選択肢が狭まってしまうという事実はあると思うからだ。

 

ところが、大学まで行かせようと思ったらお金が掛かるのである。一説には、子供ひとりを大学卒業まで養うためには、学費等も含めて2000万円も掛かるそうだ。特に大きく掛かるところは大学の入学金や学費であろう。

 

その大学進学資金の貯蓄として昔から使われているのが「学資保険」である。

 

200万×2をどうするか

うちはお互いの独身時代の貯蓄などで、ひとりあたり200万の長男と次男で2人分の計400万円はすでに手元にあった。

いずれ子供の大学の入学金にしようと置いていた貯蓄であるが、そのまま銀行で寝かせていても、ゼロ金利政策のおかげで全く金利がつくことはない。そこで保険を活用しようということになった。

 

学資保険に求めるものは、満期を迎えたときの返戻率の高さ、シンプルにこの1点だけである。うちは、すでに付き合いのあったニッセイが1番高かったので、そこで契約をした。

 

3才のときに加入したので、大学入学をする18才になる年に満期を迎えるとして、払い込み期間は15年間。うちの場合は、すでに満額が手元にあったので、一度に支払うことにした。ちなみに、一度に払い込んだ場合でも、形式上は5年払いになっている。

 

元金200万で5年払いで、返戻率が114%くらいなので、228万円になって戻ってくる計算になる。

そんなものかと思うかもしれないが、銀行に置いていたらほとんど増えなかったものが、何もしないで28万円増えると思えば、馬鹿にできない。1年単位で2万円近く増えていると思ったら、もっと得したような気持ちにならない?

 

 

実はうちの母から孫のために学資保険をしたいという話があって、母の持ってきた案件は「安定しているから」という理由で「かんぽ」だったのだけど、これがひどかった。

よくよく聞いてみれば、満期までの毎年支払で、なんと返戻金が元金割れしてしまうのである。よく考えないで、ブランドイメージだけで契約をしようとした母も良くないが、こんな案件を平気な顔をして勧めてくる保険屋にも「なめるなよ」と言いたい。