読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きたい、ちょっとでも得に。

日常生活でお得と感じたこと、ブログ運営日記、子育て日記、公園情報など

スポンサーリンク

進学資金を銀行で眠らせておくなら保険を使ったほうが良いという話

考え方

我が家には5才の長男と3才の次男がいる。とっても元気でありがたいことなのだけど、元気すぎて困っている。

まだ幼稚園と保育園に通うちびっ子だけど、確実に大学まで行かせるつもりである。このご時世、大学を卒業しなければ、なかなか選択肢が狭まってしまうという事実はあると思うからだ。

 

ところが、大学まで行かせようと思ったらお金が掛かるのである。一説には、子供ひとりを大学卒業まで養うためには、学費等も含めて2000万円も掛かるそうだ。特に大きく掛かるところは大学の入学金や学費であろう。

 

その大学進学資金の貯蓄として昔から使われているのが「学資保険」である。

 

200万×2をどうするか

うちはお互いの独身時代の貯蓄などで、ひとりあたり200万の長男と次男で2人分の計400万円はすでに手元にあった。

いずれ子供の大学の入学金にしようと置いていた貯蓄であるが、そのまま銀行で寝かせていても、ゼロ金利政策のおかげで全く金利がつくことはない。そこで保険を活用しようということになった。

 

学資保険に求めるものは、満期を迎えたときの返戻率の高さ、シンプルにこの1点だけである。うちは、すでに付き合いのあったニッセイが1番高かったので、そこで契約をした。

 

3才のときに加入したので、大学入学をする18才になる年に満期を迎えるとして、払い込み期間は15年間。うちの場合は、すでに満額が手元にあったので、一度に支払うことにした。ちなみに、一度に払い込んだ場合でも、形式上は5年払いになっている。

 

元金200万で5年払いで、返戻率が114%くらいなので、228万円になって戻ってくる計算になる。

そんなものかと思うかもしれないが、銀行に置いていたらほとんど増えなかったものが、何もしないで28万円増えると思えば、馬鹿にできない。1年単位で2万円近く増えていると思ったら、もっと得したような気持ちにならない?

 

 

実はうちの母から孫のために学資保険をしたいという話があって、母の持ってきた案件は「安定しているから」という理由で「かんぽ」だったのだけど、これがひどかった。

よくよく聞いてみれば、満期までの毎年支払で、なんと返戻金が元金割れしてしまうのである。よく考えないで、ブランドイメージだけで契約をしようとした母も良くないが、こんな案件を平気な顔をして勧めてくる保険屋にも「なめるなよ」と言いたい。

iPhoneを使った方が良い理由から、iPhoneを使うべきでない理由を述べる。

スマホ格安術

日本のスマートフォン市場におけるiPhoneのシェアは50%を超えるらしい。

 

が、私はアンチiPhone派である。

もともと天邪鬼なきらいがあるが、スマートフォンの技術が進化した現在、あれほどの性能は必要ないと思うからだ。性能が良くても安ければ良いが、めちゃくちゃ高いんだよね、iPhoneは。

スマートフォンに対する知識が乏しい人は、なんとなくiPhoneって感じでキャリアに踊らされている感もある。

確かにデザインは良いし、iPhone5くらいの時代は他社よりも動作の安定性という点で抜きんでていた感があったが、今はわざわざ高いiPhoneを買う必要もないだろうと思っている。

特にわたしの使い方ではiPhoneをまず必要としない。

そこで、もっと安くSIMフリースマートフォンでも良いんじゃないですか?ってことで、iPhoneを使うべきだと思う理由から、使わなくて良い理由を述べたい。

f:id:yfktfamille:20170301165120p:plain

①アップルが好き

これはもうiPhoneを使ってください。アップル社から販売されている端末はiPhoneしかありません。

 

②iPhoneのデザインが好き

これももうiPhoneを使ってください。確かにデザインはオシャレだよ、iPhoneは。デザインを似せた端末も多くあるけど、やっぱりiPhoneは違うよね。

ちなみに、あの丸いホームボタンは、アップル社が意匠登録してるから他社では使えないって知ってた?

 

③カメラはやっぱりきれいじゃないと

確かにiPhoneのカメラ性能は良いよね。どの端末を語るときでも、iPhoneのカメラと比較してどうなのかって言われるくらい、スマホのカメラの指標となっている。

もっとも、iPhone並みにカメラがきれいな端末はほかにもある。しかし、カメラ性能の良いものは総じて高いので、それならiPhoneが良いかなとなりがち。

 

④すごく負荷の掛かる使い方をします

重たい3Dゲームをしまくる。いくつものアプリを同時に立ち上げる。ていうかアプリの開発者です。といった方はやっぱり性能の良いiPhoneがおススメ。

ただし、iPhone並の性能を備えた端末は他にもある。でもやっぱり高いので、それならiPhoneが良いってのはわかる。

 

⑤オペレーションシステムがIOSじゃないとやだ

アップル社のオペレーションシステムであるIOSを使えるのはiPhoneだけです。個人的にはandroidのほうが自由度が高くて好きなんだけどね。

 

どれだけ当てはまりますか?

以上5点のうち、どれも当てはまらないという人、iPhoneである必要はありません。はっきり言って、無駄に高い端末を買わされているだけですね。ドコモ、ソフトバンク、auの3大キャリアではiPhoneがやたらと優遇されているので、3大キャリアじゃないとやだって場合は分からなくもないですが。

私は、この5点のどれも当てはまらないわけですよ。スマホのゲーム自体、あんまりやらないし、カメラはそれなりにきれいなら良いです。本当にきれいな写真を撮りたいときはミラーレス一眼レフを使ってますから。

 

もし、iPhone以外に興味があるなら、こちらでSIMフリー端末を紹介しています。せっかくなら維持費も含めてドンと安くしましょう。

 

tokuiki.hatenadiary.com

スマホ代って毎月払うものだけど、だいたい給料は月に1回ですよね?つまりスマホ代を抑えるってことは、逆を言えば給料アップみたいなものですから。

ブログ運営収支報告(2017年1月)

ブログで稼ぐ方法 ブログ運営日記

ちょっと遅くなりましたが、2017年1月の収支報告です。

 

2016年12月が、PV数の割に年末特需パワーなのか好調だったこともあって、新年一発目の1月は残念ながら前月比ダウンとなっていまいました。

 

毎度のことですが、ほぼメインにしている釣りブログの成果です。

 

【月間PV】

約23000PV(前月比6000アップ)

 

【ユニークユーザー】

約8700人(前月比1700アップ)

 

【ブログ収益】

PV数やユーザー数がアップしたにも関わらず、収益のほうは約10000円と、前月の半分近くまで落ち込んでしまいました。特に稼ぎ頭のAmazonが落ちた影響が大きかったですね。やっぱり年末特需パワーだったみたい。

例によって明記が規約違反のところはサービス名をボカします。

 

①クリック型 2300円(前月比300アップ)

 

②Amazonアソシエイト 3400円(前月比6200ダウン)

全然買ってもらえませんでしたね。先月と特になにも変えていないし、クリック数で言えばアップしてるんだけど、購入まで至らない。そんな月でした。

 

③Amazon&楽天(もしも経由) 3400円(前月比1600ダウン)

先月がむしろ特別で、Amazonプライム会員登録があったから。もしも経由のリンクは徐々に減らしていっているし、だいたいこんなものかなと。楽天は「カエレバ」を利用してAmazonと一緒に貼っているんだけど、思いのほか伸びません。

 

④ナチュラムバディ 900ポイント(前月比2000ダウン)

これは円ではなくポイントですが1ポイント1円で使えます。もはや、ほぼリンクを張り付けていないので、誤爆の範囲ですね。

※ナチュラムは売上の5%のポイント付与で上限がありません

 

とりあえず、月間10000円をキープできたので及第点ではあるかな。収益はとにかく、PV数は徐々にではあるが増加していることを考えると、ブログはやっぱり「継続は力なり」なのかな。

コスパ良好!おすすめシムフリースマートフォン&SIM7選!(ローエンドクラス)

スマホ格安術

日本のスマホ市場も、かつての3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)寡占状態から、MVNOと呼ばれる格安通信会社の台頭によって、選択肢がだいぶ増えてきました。

 

選択肢が増えたってことは、それだけ迷うことが多くなるということ。

そこで今回は、そんな悩み解決のためにオススメのシムフリースマートフォンと格安SIMをまとめて紹介します。

まずは第1弾として、ローエンド(1万円~3万円)のスマホから採り上げていきます。

 

なお、現在、色々なシムフリースマートフォンが発売されていますが、スマホの世界は日進月歩なので、出来るだけ新しい端末を購入することをオススメします。

よって、安くても旧型の端末は紹介しておりませんのでご了承ください。

また、価格は、端末だけの価格ではなく、格安通信会社での同時契約など、最安値を基準にしています。

 

Huawei「P9lite」

f:id:yfktfamille:20170220232505j:plain

○私的おすすめ度:★★★☆☆

○発売時期:2016年6月

○OS:Android6.0

○重量:147グラム

○画面サイズ:5.2インチ

○画面解像度:FHD

○CPU:Huawei Kirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)

○RAM:2ギガバイト

○ROM:16ギガバイト

○メインカメラ:1300万画素

○フロントカメラ:800万画素

○バッテリー:3000mAh

○DSDS:対応(nanoSIM+nanoSIM、microSD共用)

○対応回線:ドコモ系回線、ソフトバンク系回線

 

すっかりシムフリースマートフォンの定番メーカーとして定着した感のあるHuawei(ファーウェイ)。

中国のメーカーで、「中華=物が悪い」というイメージに苦戦しながらも、安くて良い物を供給し続けることでファンを増やしてきました。

 

そこから出ているシムフリースマホで、もっともコストパフォーマンスに優れているのが「P9lite」です。

メタルボディにFHDの高解像度、サクサク動くCPUなど、ひと昔前のハイエンド機種の性能を持ちながらも、2万円台という価格が魅力です。

こちらは楽天モバイルで契約&端末購入するのがオススメ。本体が税抜14780円と大幅に割引されるからです。

 

ASUS「ZenFone3レーザー」

f:id:yfktfamille:20170220231455j:plain

○私的おすすめ度:★★★★☆

○発売時期:2016年11月

○OS:Android6.0.1

○重量:150グラム

○画面サイズ:5.5インチ

○画面解像度:FHD

○CPU:Snapdragon430(オクタコアCPU)

○RAM:4ギガバイト

○ROM:32ギガバイト

○メインカメラ:1300万画素

○フロントカメラ:800万画素

○バッテリー:3000mAh

○DSDS:対応(microSIM+nanoSIM、microSD共用)

○対応回線:ドコモ系回線、ソフトバンク系回線、au系回線

 

たぶん、日本で最もシムフリースマホを売っているメーカーで、そこが出している最新のローエンドスマホが「ZenFone3レーザー」です。

ミドルエンドに「ZenFone3」というスマホがあって、それの廉価版という位置付けですね。

メタルボディにFHDの高解像度、必要充分な処理能力、SONYのセンサーを採用し、手ブレ補正のついたカメラなど、現在の同価格帯では最もオススメのスマホです。

また、台湾のメーカーなので、中国メーカーには抵抗があるって人でも、いくらか抵抗がないかと思います。

こちらはUQモバイルで契約&端末購入するのがオススメ。UQモバイルは、格安通信会社の中でも回線速度が早いと言われているし、通話品質に優れたVoLTEも利用できる。同時契約で19800円で購入できます。

なお、シムフリースマホの多くはauおよびau回線を利用した通信会社では特殊な回線であることから使用できません。しかし、ZenFone3シリーズの国内版は、貴重なau回線に対応したシムフリースマホとなっています。

 

ASUS「ZenFone3MAX」

f:id:yfktfamille:20170220230648j:plain

○私的おすすめ度:★★★☆☆

○発売時期:2017年1月

○OS:Android6.0

○重量:160グラム

○画面サイズ:5.2インチ

○画面解像度:HD

○CPU:MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)

○RAM:2ギガバイト

○ROM:16ギガバイト

○メインカメラ:1300万画素

○フロントカメラ:500万画素

○バッテリー:4100mAh

○DSDS:非対応

○対応回線:ドコモ系回線、ソフトバンク系回線

 

この端末の強みはバッテリー持ちにあります。バッテリー容量はなんと4100mAh!

解像度はHDだし、処理能力も抑え目ですが、性能が抑え目ってことは同時にバッテリー消費量も抑え目ってことです。

それでありながら、電話やメール、LINEの使用には問題ありませんし、ゲームも重たい3Dとかでなければ動作します。

スマホはとにかくバッテリー消費が激しいですが、バッテリーに関してはパカパカケータイのような感覚で使えそうです。

オススメの格安通信会社は楽天モバイルです。シムと同時契約で税込13824円で購入できます。

 

シャープ「AQUOS SH-M04」

f:id:yfktfamille:20170220225621j:plain

○私的おすすめ度:★★★☆☆

○発売時期:2016年12月

○OS:Android6.0

○重量:138グラム

○画面サイズ:5.0インチ

○画面解像度:HD

○CPU:Snapdragon430(オクタコア 1.4GHz×4+1.1GHz×4)

○RAM:2ギガバイト

○ROM:16ギガバイト

○メインカメラ:1310万画素

○フロントカメラ:500万画素

○バッテリー:2700mAh

○DSDS:非対応

○対応回線:ドコモ系回線、ソフトバンク系回線

 

安心の国内メーカー製。とはいえ、いまは台湾メーカーの傘下ですけどね。

国内メーカー製の良いところは、日本ならではの機能が搭載されているところにある。

具体的には、防水防塵、おサイフ機能ですね。これら機能が不可欠って人には間違いなくオススメです。

ディスプレイはHD解像度ながら、シャープ得意のIGZO液晶を使っており、発色が良く、省エネである。防水だから、キッチン周りや風呂でも安心して使えるのも嬉しいですね。

こちらは楽天モバイルでシム同時契約すると28728円で購入できます。

 

FUJITSU「arrows M03」

○私的おすすめ度:★★☆☆☆

○発売時期:2016年7月

○OS:Android6.0

○重量:135グラム

○画面サイズ:5.0インチ

○画面解像度:HD

○CPU:Snapdragon410(1.2GHz Quad Core)

○RAM:2ギガバイト

○ROM:16ギガバイト

○メインカメラ:1310万画素

○フロントカメラ:500万画素

○バッテリー:2580mAh

○DSDS:非対応

○対応回線:ドコモ系回線、ソフトバンク系回線

 

前出の「AQUOS SH-M04」と同じく、防水防塵でおサイフ機能があります。他のスペックも似たり寄ったりなのですが、CPU性能がちょっと劣りますね。好みで選んでもらえれば良いです。

強いて言うならこちらは純正日本メーカーということでしょうか。

こちらも楽天モバイルがオススメです。シム同時契約で24408円で購入できます。

 

TCLコミュニケーションズ「Alcatel IDOL4」

f:id:yfktfamille:20170220223222j:plain

○私的おすすめ度:★★☆☆☆

○発売時期:2016年冬

○OS:Android6.0

○重量:135グラム

○画面サイズ:5.2インチ(Gollira Glass3)

○画面解像度:FHD

○CPU:Snapdragon617

○RAM:3ギガバイト

○ROM:16ギガバイト

○メインカメラ:1300万画素

○フロントカメラ:800万画素

○バッテリー:公式HP記載なし

○DSDS:非対応

○対応回線:ドコモ系回線、au系回線

 

TCLコミュニケーションズは中国のメーカーです。しかしフランス発だそうで、フランスの子会社が作ってるのか、よくわかりません。

この端末は「VR」と呼ばれる機能を簡単に体験できます。というのも、はじめから専用のゴーグルが付属しているからです。

「VR」は、バーチャルリアリティの略で、簡単に言うと専用のゴーグルを介することで360度3Dの画面が楽しめるものです。

この端末でなければダメということはなく、専用ゴーグルとアプリがあれば、どの端末でもできますし、ゴーグルも安いものは2000円くらいからあるみたいなので、少し決め手に欠けますね。

また、上下どの向きでも使用できるリバーシブル機能もあります。

こちらはUQモバイルでの同時契約がオススメです。26800円で購入できます。

 

プラスワン・マーケティング「FREETEL RAIJIN」

f:id:yfktfamille:20170220221810j:plain

○私的おすすめ度:★★★☆☆

○発売時期:2017年2月

○OS:Android7.0

○重量:183グラム

○画面サイズ:5.5インチ

○画面解像度:FHD

○CPU:MT6750T Octa Core (4x1.5GHz + 4x1.0GHz)

○RAM:3ギガバイト

○ROM:64ギガバイト

○メインカメラ:1600万画素

○フロントカメラ:800万画素

○バッテリー:5000mAh

○DSDS:対応(nanoSIM+microSIM、SDカード共用)

○対応回線:ドコモ系回線、ソフトバンク系回線

 

プラスワン・マーケティングは日本の会社です。ただし端末自体は中国製のようで、それを日本の会社が監修しているといった図式のようです。

この端末のウリはバッテリー持ちにある。バッテリー容量は驚異の5000mAh!前述の「ZenFone3MAX」と違い、解像度がFHDだったり、性能はこちらのほうが高め。「ZenFone3MAX」のバッテリーは魅力だけど、性能がいまひとつって人はこちらをチョイスしてはどうか。

 

ローエンドとなるとだいたいこんなところでしょうか。ひとつの通信会社で2年とかある程度長く使うつもりなら、SIMと端末の同時契約をしたほうが、端末代を安く抑えられます。

その分、解約に手数料が掛かったりといったことがありますので、そこは自分の希望に沿った形で考えてください。

もし、格安通信会社がはじめてでまずは試したいと思ったら、手持ちの端末を使って、SIMだけ契約するのが良いです。SIMだけならプランにもよりますが解約手数料を取られないからです。

 

個人的に、ローエンドなら1番オススメは「ZenFone3レーザー」ですかね。

 

 

【スマホ格安術】auから利用環境をほぼ変えずに大幅に料金を下げる方法

スマホ格安術

前回記事で学割を適用する裏ワザを紹介したが、この度、それを利用して妻のauからUQモバイルに移ることで、利用料金を大幅に削減することに成功した。

なぜUQモバイルへの乗換にしたのか。それにはいくつか理由と要因があったので紹介したい。

f:id:yfktfamille:20170212145939p:plain

どれくらい料金を削減出来たのか

まず、契約内容は以下の通り。

  • 5分まで電話かけ放題
  • データ容量月間2GB

端末代はキャリアに関係なく発生するものなので、ここでの比較からは除く。

上記の条件でauだと

  • スーパーカケホ 1700円
  • データ容量月間1GB 2900円(2GBがないため、1GBで計算)
  • ネット接続料金 300円
  • 合計 4900円

これがUQモバイルだと

  • 5分かけ放題(無料通話60分にもできる)+データ容量月間2GB 2980円
  • MNPによる割引 -1000円(最初の1年のみ)
  • 学割による割引 -1000円(2年目のみ)
  • 合計 1980円

となったのである。つまり約3000円の削減に成功したのだ。なお、1000円追加すれば、データ容量を月間6GBまで増やすことができ、無料通話を120分までつけることができる。

 

ただし、auからUQモバイルに単純に移るだけではこの条件にならない。なぜ、これが出来たのかを見ていこう。

 

auからMNP番号を取得する際にクーポンを貰おう

auとUQモバイルは兄弟会社である。だから、auからUQモバイルに移っても、本来ならMNPによる1000円割引が適用されない。

しかし、それを適用してもらえるクーポンが実は発行してもらえるのである。

auからすれば、ドコモやソフトバンク系列に動かれるよりも、UQモバイルという兄弟会社に留まってくれたほうが有難いわけだ。

という訳で、auでMNP番号を取得する際に、UQモバイルを検討していることを伝えてクーポンを貰おう。これはハッキリと伝えたほうが良い。私は濁したためにそのクーポンが貰えなかったからだ。

後でUQモバイルの窓口で相談したときに、クーポンの存在を教えてもらったために、土壇場でマイネオを辞めてUQモバイルに決めた経緯がある。

やっぱりauはどこか殿様商売的なところがあるよね。

これを利用することで契約から最初の1年は月額利用料金から1000円の割引を受けることができる。

auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQ mobile】

 

学割を使おう

学割適用の裏技は前回書いた通り。子供がいないと使えないのが難点ではあるが、お金にシビアな家族持ちだからこそ、1000円の割引にこだわるってものだよね。

学割を使うことで、2年目も月額利用料金から1000円の割引を受けることができる。

tokuiki.hatenadiary.com

 

UQモバイルならau端末をそのまま使える

月額利用料金をどれだけ抑えても、端末代で月に1000円とか2000円とか掛かったら、月々の支払額は大きくなってしまう。

せっかくauで2年契約を完走して端末代を払い終えた「iPhone6」をお払い箱にしてしまうのはもったいなかったから、私はUQモバイルかマイネオなど、au端末がそのまま使えるところで検討していたわけだ。

こうすることで、端末代は0円にすることができる。型遅れの「iPhone6」でも、例えばシムフリーバージョンを買おうと思えば数万円するし、売ったとしてもせいぜい1~2万円程度だから、同程度の性能を持った端末など買えやしない。

というわけで、auから乗り換えで格安通信会社を検討している人にはUQモバイルがおススメとなる。

ちなみにau端末が使えるマイネオでUQモバイルと同じ内容を構築した場合、月額利用料金が2100円くらいになるうえに、かけ放題がIP電話となるので、通話品質がよろしくない。また、通信速度も一歩劣る。

 

以上、auから利用環境をほぼ変えずに大幅に料金を下げる方法でした。

これを使えば、2年間、利用料金1980円でauで使っていた端末をそのまま使うことができる。androidをOSにしている端末ならシムフリーでも比較的安価に手に入るが、iPhoneは総じて高価なので、キャリアで使っていたものをそのまま使うことをおススメする。これなら、使い慣れた端末のままで、お得に月額料金だけを下げることができるってことです。

これは本当におススメの手法!本気で検討してみなければ辿り着けないやり方でしたね。auで月額料金が高い!と思っている人はUQモバイルに移るのが良いですよ。

仮に解約手数料として10000円を取られたとしても、月間で3000円削減できれば4カ月で元が取れるので、更新月を待つ必要はありません。払い残している端末代金があったとしても、au端末がそのまま使えるから損はありませんしね。