読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きたい、ちょっとでも得に。

日常生活でお得と感じたこと、ブログ運営日記、子育て日記、公園情報など

スポンサーリンク

引越しシーズン!マンション賃貸契約は分譲賃貸をねらえ!?

考え方

えー、わたくしは転勤族でございます。

22歳で就職してから30歳になるまでの間に自己都合も含めて、5回の引越しを経験しております。

今回は私の引越し体験から学んだことをアップしたいと思います。

 

分譲賃貸のメリット

分譲賃貸というのは、個人が購入した分譲マンションを賃貸することを言います。

分譲賃貸だと何が良いのか、何が良くないのか、ちょっと説明します。

 

仕様が良い!

賃貸マンションと分譲マンションでは、装備にハッキリと差があります。もちろん、分譲マンションのほうがグレードが高いです。

特に出るのはキッチン、お風呂、トイレなど水周りの部分。

キッチンなら、良いシステムキッチンが使われていたり、ビルトインの食洗機が付いていたりします。

お風呂なら追焚きの方式、シャワー等の水道周りなど。ちょっと古いところだと、お湯と水が別々のハンドルになってる場合とかありますね。

トイレなら、ウォシュレットや便座温め機能など。

 

その他、ドアやサッシなど、やっぱり細々したところまで違いますね。特に、築20年以上の物件になると顕著になってきます。

 

構造が違う!

分譲マンションの多くはRC造とかSRC造になっています。RC造っていうのは鉄筋コンクリート造りで地震に強いと思ってもらえればOKです。SRC造は、さらに鉄骨が多いみたいだけど、これは大きな差はないらしい。

賃貸マンションの場合、小規模が多いこともあって、RC造を採用しているところは多くない。

また、耐震性だけでなく、防音性にも優れている。特にやんちゃな子持ち世代は、優れた防音性が必須であろうと思う。

 

小規模な集合住宅、例えばハイツなどは簡単な工法を採用している事が多い。その分、賃料も安いが、単身でもない限りはオススメできない。

子持ちの友人の体験になるが、値段で決めて防音性の低い物件に住んだところ、隣人がわざと大きな音をたてたり、窓をピシャッと閉めてきたり、クレームに悩まされたそうだ。

 

家賃交渉の余地がある

分譲賃貸は分譲マンションの持ち主との契約となる。仲介は挟むものの、形式的には個人間の契約となる。

そのため、持ち主と家賃を下げる交渉がしやすいのである。具体的には、この後の体験談の項で書きます。

 

分譲賃貸のデメリット

これはただひとつ、定期借家が多いということである。

定期借家とは、契約者同士であらかじめ決められた期間しか住めないというもの。例えば、定期借家3年なら、契約から3年後に持ち主から出て行ってくださいと言われたら出て行かなければならない。

定期借家としている人の多くは、転勤などで持ち家を離れなければならないが、数年後に戻ってくる前提で、その間の収入として家を貸し出している。だから相手の都合によっては更新できることもあるけどね。

せっかくお気に入りの物件が見つかっても、定められた期間しか住めないし、また引越しの手間やお金があるし、敷金礼金やらも掛かってくる。

 

だから定期借家は、自分も住む期間が決まってるよって人以外にはオススメできない。

分譲賃貸の多くは定期借家ではあるものの、探せばそうではない物件もある。そういう物件はすぐに取られてしまうから、日頃からアンテナを張り巡らせておこう。

 

ちなみに定期借家ではない契約であれば、よほどの事情がない限り、借主を強制退去させることはできない。

 

我が家の体験談

これは現在の住まいに移ったときのはなし。

以前の住居も分譲賃貸だったのだが、関係の会社の人間が転勤するため、入れ替わりでやって来る私に、そこに住んでほしいと紹介された物件だった。

 

このときに分譲賃貸という選択肢を学んだ訳である。それまでは賃貸マンションに住んでいた。

 

その物件は、場所は微妙だったが、築浅でなかなか良かった。ところが、2年住んだところで、持ち主が転勤で戻ってくるから出ていってほしいと言われた。

 

いやいや有り得ないから。戻ってきたときでも出て行かなくても良いって言うから決めたのに。

このあたりは勤務先の事情があるから省くが、納得出来ないままに追い出される運びとなった。

 

さて、新しいところを探さないと。

このときに真っ先に選択肢に入れたのが分譲賃貸であるということ。

 

会社の法人契約となるので諸々クリアしなければならない条件もあったため、妥協することも考えたが、結果的に妥協しないで良かった。

新居探しのための期間は実質3ヵ月程度。しかし、なかなか条件に合致するものはなかった。

毎日の通退勤ではSUUMOとか不動産サイトと睨めっこ。気になったところには、片っ端から問い合わせを入れる。

 

それでも理想には出会えなかった。

いい加減疲れてきて、ちょっと妥協した物件で決めかけたことがあった。100のうち、70くらいは満たしている物件だった。

不動産仲介としても、早く決めてくれないと他に取られるかもと契約を迫ってくる。

 

もう見つかりそうにないし、ここに決めようか。奥さんがそう言った。

だけど俺は決断した。まだ一ヶ月ある、ギリギリまで粘ろうと。

 

結果的にこの物件が取られて、もっと条件に合わない、または悪い物件になるかもしれない。決断の時期、このあたりが家探しの難しさだと思う。

 

賭けに出て、条件7割物件をスルーした私達一家。再び不動産サイトとの睨めっこの日々。

そんなとき、マンション名と住所しか掲載されていない物件を見つける。基本的に情報があまり載ってない物件は競合が少ない。

マンション名と住所で調べたところ、希望の分譲賃貸であるし、場所も良い。来た!希望10割物件だ!

 

早速不動産仲介に問い合わせをいれて、下見まで取りつけた。

以前に住んでいたところより築年数は落ちるものの、広くなったし眺望も良い。すっかり気に入った私たちは、その物件で決めることにした。

 

ただ、まだひとつだけネックがあった。希望予算より、少し家賃が高いのだ。

 

ここからは家賃交渉。仲介を挟んで、すぐに決めるからという条件で、月々3000円安くしてもらった。

ちなみに礼金を増やすことで月々の家賃を下げることもできる。この場合、長く住むほどお得になるので、当分動く予定がないときはそうしたほうが良い。

 

こうして現在の住まいに移ることになったわけだが、持ち主との関係は必ず良好にしておくこと。

例えば、設備の調子が悪いから変えて欲しいとかなったときに、持ち主に負担してもらえる可能性が高まるからだ。

うちの場合、入居時点やしばらくして気になったところは持ち主負担で変えてもらえた。とりあえず御挨拶のときに高価な菓子折りを包み、御中元やお歳暮、年賀状も送っている。

自らの利益になる人には手厚くする、これ全てにおいて基本なり。

 

さらに言うと、自分達の前に借りていた人が、画廊として使っており、一切補修しなくて良い代わりに、相場より安い家賃で契約していたらしい。

うちは補修もしてもらったし、本来なら相場に戻すところをなぜかそのままの家賃で貸してもらえている。

そのため、マンションの最上階であるにも関わらず、下層階よりも安い家賃という、個人契約でなければ有り得ない状況となっている。

 

ここまでのラッキーパターンはそうそうないと思うが、皆さんも諦めずに理想の物件が見つかるまで頑張ってほしいと思います。

 

子連れオススメスポット!飛鳥山公園(東京都北区王子)

公園情報

JRまたは東京メトロ南北線から徒歩すぐのところに飛鳥山公園という公園がある。

駅を出てすぐという都内屈指の利便性を誇りながらも、十分な敷地面積があり、しかも無料で遊べてしまうイケてる公園である。
 
今日は息子2人と遊びに行ったので紹介したい。
 
飛鳥山公園
オススメ度★★★★★
 
 

モノレールがある!


f:id:yfktfamille:20160717183422j:image
なんと飛鳥山パークレールというモノレールで、飛鳥山の麓と山頂を繋いでいる。嬉しいことに無料。
麓と山頂と言っても、乗車時間は一分くらいだろうか。山とは言うが、小高い丘くらいの高さしかない。
ちょっとした乗り物ではあるが、子供ウケは良い。歩いてもすぐに登れるが、パークレールを利用することをオススメする。
 

夏場に嬉しい水遊びスポット


f:id:yfktfamille:20160717183838j:image
水遊びできる噴水もある。これからの時期、プール代わりに手軽に利用できるし、もちろん無料である。プールだとオムツが取れていないと入れなかったりと制約があるが、ここは気にしなくて良い。

f:id:yfktfamille:20160717190252j:image
滝のようになっているタイプもあり、バリエーションに富んでいるのも良いところ。修行僧の如く、滝に打たれちゃってください。
 

充実の遊具たち


f:id:yfktfamille:20160717190424j:image
遊具ゾーンの中心には、飛鳥山の名に恥じない山型複合遊具がある。1番上まで登って滑り台で一気に滑るのは気持ちが良い。

f:id:yfktfamille:20160717190657j:image

f:id:yfktfamille:20160717190708j:image
他にも一般的なブランコや砂場など、普通の遊具もあり、幅広いニーズに応えている。また、動物を模した遊具も設置されている。
 
だが、遊具ゾーンの真骨頂は他にある。

f:id:yfktfamille:20160717190625j:image
なんと路面電車が置いてあるのだ。中のギミックは簡素化されているが、総じて電車が好きなちびっこの心を鷲掴みにするのである。
ちなみに、王子には路面電車である「都電荒川線」が走っており、古くなって使わなくなったものを記念を兼ねて設置しているようだ。
 
しかし、これだけでは終わらないのがこの公園のすごい所。
 

f:id:yfktfamille:20160717191132j:image
汽車まであるんです。同じく内部は簡素化されているものの、外観はそのまま。飛鳥山公園に来たら、とりあえず汽車と一緒に記念写真を撮りましょう。
 
 
 
以上、飛鳥山公園でした!すべて無料であり、駅近というアクセスを考えると、東京近郊では屈指の優良公園と言えるのではなかろうか。
 
 
 

子どもが居るからこそ買い物が多くなる。そこで家庭用台車のススメ。

便利アイテム

皆さんは台車というものを使ったことがあるだろうか。恐らく、ほとんどの人は会社などの勤め先や学生時代に使った経験があるはず。重たいものを運ぶときにとても便利なのではあるが、では家庭でそれを持っているという人はどれだけいるだろうか。たぶん、あんまりいないと思う。

 

今回は、自分が実際に買ってみて便利と感じた家庭用台車について、おすすめしたいと思う。


f:id:yfktfamille:20160626230644j:image

これが我が家で使用している台車である。アマゾンさんで数千円で買ったのだが、なぜ台車を買ったのか。

それは、買い物に行ったときにビールなど重たいものを運ぶのに便利だからだ。我が家は車は所有しているが、マンション住まいであるために駐車場から家まで距離がある。そのときにビール24本入りの箱を持っていくのは、なかなかに骨が折れる作業なのだ。また、腕白盛りの子どもが2人居るため、その子たちの動きにも気を使わないといけないのに、限界まで荷物を持った状態では「いざ」に対応できない。

そんなときに余裕をくれるのが台車である。下の画像を見ていただきたい。


f:id:yfktfamille:20160626230655j:image
ビール(第3だけど)の350ミリリットルと500ミリリットルのワンケース、おまけにお米10キロをサクッと運搬できてしまうのだ。
恐らく、旦那が休みの日に買い溜めをするという家庭は多いと思うので、これくらいの荷物を運んでいる家庭も多いのではないだろうか。何往復かすれば済む話だが、マンション住まいにおいて、エレベーターで何度も上下するのはだるい。この量を気合いで一度に運ぼうとすれば、もれなく全身&全霊運動が待っていること間違いなしだ。しかも、マンションのカギを開ける、エレベーターのスイッチを押す、家のある階のスイッチを押す、家のカギを開ける、以上4つのポイントで荷物を降ろしたり持ったりしないといけない。
 
ちなみに、私が350と500のビールワンケースを一度に運ぼうとするときの掛け声は「ふおぉぉぉぉぉぉ!!!」である。これは、主に私がフルパワーを出すときに発せられる声であり、そのうち手がプルプルしてくる。
 
これが台車を使用するようになってからは、「ふんふふーん」と鼻唄に変わり、自らの台車ワークを極めんと、曲がるときはアウトインアウトでコーナーを攻めるようになった。
 
 
とまぁあまりに便利なので、似たような境遇の人にも勧めたいなあと思います。思ったよりも安く買えるし、すぐに壊れるようなものでもないので、あなたの家庭にも導入してみてはいかがだろうか。
 

我が家で実際に使っているもの。適度な大きさだし、ハンドルも簡単に畳めて収納しやすい。リーズナブルなのも◎。

 

川口駅西口「リリアパーク」

公園情報

f:id:yfktfamille:20170226142557j:image

JR川口駅の西口から、西川口方面に歩いてすぐのところにある「リリアパーク」。

アクセスが良いこともあって、休日は子供で賑わう人気の公園です。

 

この公園の良いところは、遊具の年齢層の幅が広いことにあります。

1~3歳の幼児でも遊べる遊具から、小学校低学年くらいまでは楽しめる遊具があって、ちょっと年齢差のある兄弟でも連れていきやすいです。

 

うちには、現在3歳と5歳の息子がいるけど、それぞれ楽しんでくれるし、家からも自転車で10分掛からないので、お世話になっている公園です。

 
f:id:yfktfamille:20170226143202j:image

また、公園内には人工の小川があります。ちょっと自然な感じが良い雰囲気をつくってくれています。

夏場は水遊びも出来るので重宝します。特に小さいオムツがとれていない子は、公共のプールを利用できないので、こういった水遊びができるところはありがたいですよね。

 

おまけに公園のすぐ横にはJR線が走っているので、子鉄(電車好きな子)は見鉄(鉄道鑑賞)が楽しめるというハイスペックパークなんですね。

 

難点は駅近なので専用の駐車場がないことくらいかな。お気に入りの公園のひとつです。

 

東京都足立区「都市農業公園」

公園情報

埼玉県川口市と東京都足立区の境らへんにひっそりとある、農業をテーマとした公園、それが今回紹介する「都市農業公園」です。


f:id:yfktfamille:20170228133007j:image

この公園の一角には子供が遊ぶための広場があり、休日は子連れや河川敷サイクリングの休憩者でにぎわう公園です。

設置されている遊具は、1~5歳くらいまでの小さい子向けが多いものの、地面には木片が敷き詰められており、転んだりしても痛くないよう配慮されています。

f:id:yfktfamille:20170228133108j:image
この公園の目玉とも言えるのが、この大きなすべり台です。無料の公園としては最大クラスでしょう。ぜひとも一度すべってみてください。休日には係のおじいちゃんがついてくれ、ここでも安全面が配慮されています。

 
f:id:yfktfamille:20170228133136j:image

また、子供広場には休憩スペースもあります。 


f:id:yfktfamille:20170228133145j:image

休憩スペースには自動販売機もあり、暑い時期であっても水分の心配をする必要がありません。また、屋根もあるし、テーブルもあるので、快適に休憩することができます。お弁当を持ち込んでもリーズナブルだし楽しいですね。 


f:id:yfktfamille:20170228133154j:image

ご覧の通り、敷地の多くは畑で埋め尽くされています。この写真は2月末に撮ったものなので寂しいですが、季節の良いときはお野菜で埋め尽くされます。

農業をテーマとした公園だけあって、農業体験なども開催されているので興味のある方は参加してみてはどうでしょうか。


f:id:yfktfamille:20170228133203j:image

公園を出れば、すぐに荒川の河川敷となります。ボール遊びや凧揚げなど、広いスペースが必要な時は河川敷に出ましょう。眺めも良いので、気分転換に風景を楽しむのも良いですね。

また、河川敷は車も通らないしサイクリングに最適です。うちの上の子は自転車が好きなので、行き帰りの道中も楽しんでいます。